カニバリ把握したい人にオススメ順位チェックツールnobiistaレビューを読む ≫

【seo】カニバリ把握・解決のために利用したツールと実際に発生した例を紹介します。

この記事は現在作成中のため本文は大変読みづらくなっております。
申し訳ございません。

クラウド型の順位チェックツール『<ruby>nobilista<rt>ノビリスタ</rt></ruby>』を利用することでカニバリがいつ発生したのか、希望する記事がしっかりそのKWで順位ランクイン出来ているのか把握することが可能です。

意味カニバリ・カニバる=カニバリゼーション⇢seoでは2つ以上の記事で1つのKWを取り合ってしまうことをカニバリと言います。カニバると検索目的と異なるタイトルが表示されてしまいクリック率が下がるなど読者とブログサイト運営者両方に悪影響を起こすので早急にリライトが必要です。

Googleが『B記事の方が読者に求められている!』と教えてくれている時もあるので全てが悪いものでもありません。
順位が高い方の記事で順位安定させるのがオススメです。

さて、実際にnobilistaを使ったカニバリ確認について見ていきましょう。

目次

カニバリゼーションの把握方法・例

今回紹介するnobilista(ノビリスタ)を使うと今日や過去にカニバリを起こしていたか確認しやすくなっています。
画像と共に紹介していきます。

上位表示させたいURLがランクインしているか「目視で一発把握」

nobilistaにて各KWで上位表示させたいURLを登録しておくと、狙っていたURLが上位表示できているか/他の記事が上位表示されてしまっているかをマークで表示してくれるため瞬時に判断することができます。

意図せず○から✖に変わっていたらカニバリを起こしている証拠です。
1回だけの変化であればnobilistaのメモ機能に書いて様子を見ましょう。

Google側の実験で1回だけ変化が起こることもありますが1回カニバリを起こしている記事は再発する可能性があるためです。再発していたら早急にリライトを行うのがおすすめです。

マーク種類内容
上位表示してほしいURLが表示されている
他のURLが上位表示されている
100位外/優先URL登録なし

※優先URLの登録は一括でも登録可能です。
※優先URL機能のみビジネスプラン以上の利用が必要。

A⇢B記事|カニバリ発生はいつ?どの記事?

レポート一覧の各キーワードをクリックすると上記のグラフを見ることができます。
カニバるとマークが出現し、マークをクリックすることで前日までの上位表示URL変更があったURLを知ることが可能です。

※過去1週間のグラフの方がマークが見やすい
※過去1か月からはマウスを横スライドすることでマークが出現
※パーソナルプランでも利用OK

\ 7日間の無料体験あり! /

nobilistaの詳細はレビュー記事にて紹介しています。
是非こちらもご覧ください。

クリックして詳細を確認する

カニバリになったらどうする?

カニバリはGoogleさんが『A記事よりB記事の方が読者の悩み解決に繋がりそう!』『B記事のが同KW使用数が多いからB記事を載せたらいいのかな?』と判断されることにより起こります。変動が激しい場合は読者の行動を観察していることも※所説あり

seoで上位表示を目指しているならGoogleの考えに沿った対策が必要ということです。

▼個人的に下記の方法でカニバる記事を安定させています。

順位が高い記事を定住させる

記事を分けるor統合する

KW使用数の増減

メモを残しておく

この記事・ツール利用感想コメントお待ちしています!

コメントする

CAPTCHA


目次