≫ ブログ2年目が愛用する検索順位チェックツールを紹介!

nobilista【キーワードレポート編】ただ見るだけで終わらせない|基本機能まとめ

キーワードレポート画面(22.9現在)
なぎ

気になる機能があったら目次からジャンプしてね

目次

nobilistaの基本機能を把握する

nobilistaという順位チェックツールは、当日の順位や前日比が見れるだけではなく機能が思ったより多く備わっています。
是非全て把握してリライトや新記事作成に役立てましょう。

順位推移の棒グラフ/ランクインURL変更マーク

順位推移の棒グラフはKWをクリックすることで表示され、順調に順位が上がっているのかカニバリが起こっているかを瞬時に確認することができます。

2つの画像を用意しました。

A
B
なぎ

皆さんは上記のグラフを見て次の行動はなんだと思いますか?

個人的に考えていることを含めて紹介します。

A画像の場合

A画像のように他の記事とランクインが入れ替わった場合はマークが付きます。
※このマークは「過去1か月」以上にすると各サイズが小さくなるのでマウスをスライドさせて見つけましょう(2022.9現在)

ランクインが入れ替わっているというのは、記事同士がそのKWで場所を取り合っているということ【カニバリ】
自分が流入させたい記事が表示できてない可能性があります。

意図して「このKWに○○記事を入れたい」と考えていたとしたらこのマークが出ることは成功を指します。
意図してなくマークが出てしまっているなら要注意

どちらかの記事のKWを他のキーワードに置き換えたり記事統合を検討したりと私たちが流入させたい通りに操れるので個人的にとても楽しい機能です。

なぎ

記事が入れ替わることで順位が上がっているなら路線を変えるのもアリ

B画像の場合

B画像では、ランクインしたり圏外に出たりと激しく順位が動いていますね。

この場合まだその記事の力が弱い/GoogleさんがこのKWで合っているのか迷っている状態なのでKWの頻出回数を増やしたり内容を濃くしたりというリライトを行います。
※1語のボリューム大きいKWに対しては放置。

カニバリとは異なることを是非覚えておいてください。

なぎ

キーワードをクリックして順位推移グラフをよく見てみてね。
改善できる箇所は見つかるかな?

目次へ戻る

検索ボリューム/想定アクセス数

細かいボリュームが見れる&自動取得なので多くのnobilistaユーザーに気に入られています。
これらは1か月間の数値であり、実際の検索数の方が多い印象です。

画像を見るとボリュームと想定アクセス数が比例してないことが分かります。

なぎ

ボリューム数だけ見て記事を作っても失敗する可能性があるということです。

想定アクセス数も参考にして効率良い記事作成を行っていきましょう。
※順位によって想定アクセス数が変わります

目次へ戻る

検索結果の特徴

検索すると記事以外が上位に出てることありませんか?
それらを「検索結果の特徴」欄で確認できちゃうんです。

記事以外にTwitterや動画が出てくるということは、記事内で解決できていない可能性があります。
なかなか順位が上がらない原因の一つはココかも?

なぎ

これらにも勝てるような記事作りが大切ですね。

目次へ戻る

難易度

10位内に入れる難易度を示しています。
赤の100に行くほど上位表示が難しいです。

なぎ

思ったよりランクインできないなぁ・順位上がらないなぁと悩んでいた記事が難易度100だった場合「難しいものなのね。気長に頑張ろう」 と思えるようになりました。

赤100のものは時間が解決してくれるイメージ。
1年前に書いた記事でリライトを重ねクリック数が上がってきて遂にランクインを果たしました。

また、ボリュームが大きくても難易度が低いお宝KWが見つかることもあります。
新しく参入を考えてるKWをnobilistaに登録してこの難易度を確認するのも一つの手。

登録できるKW数はプランにより決まっているので継続してデータを確保したいKW新記事を書くにあたり難易度など確認のために1日だけKW追加してみるなど順位を見る以外の使い方もオススメです。

目次へ戻る

メモ

nobilistaではメモを残すことができます。
書いたメモは左のキーワード欄でも内容確認可能!

※表示項目を減らしてます
なぎ

リライトした内容を日付とともにメモを残しておくと、後々確認がしやすいです。

0~5時の間にも確認したい!「過去データボタン」

過去データボタンを押すと、好きな日の過去順位を確認することができます。

そこで、nobilistaでは0~5時の間に順位をチェックする関係から朝にならないと最新のレポートが見れない状況になるので「過去データ」ボタンを使います。

前日を選択することでレポートが見れるようになりました。
棒グラフなども利用可能です。

なぎ

本来、先週や先月などと今日を比較するために使うのですが棒グラフで大体比較ができるので今回はちょっとした豆知識として紹介してみました。

目次へ戻る

国・検索結果

検索結果とは、Google検索の順位であることを指します。
今後Yahooなど他検索エンジンに対応する予定とのこと!

国は、日本/アメリカ/イギリス/韓国/スペイン/イタリア/ドイツに対応しており各国での検索結果に乗っている場合はここに表示されます。

なぎ

たまに記事が自動翻訳されることがあるので貴方の記事が海外で読まれているかも。

コメントする

CAPTCHA


目次